安心して受診していただくために~感染予防対策~

TOP > 安心して受診していただくために~感染予防対策~

お子様から大人まで安心して受診していただくために

歯医者を嫌いにならないために

当院では皆様が安心して受診していただけるように、院内感染の予防対策を徹底しています。ヨーロッパの規格の中でも最高基準である、2台完備したクラスBの滅菌器で治療に使用した器具を洗浄・滅菌をしています。それ以外にも安心安全のために様々な取り組みを行っております。以下では当院の院内感染予防対策における取り組みをご紹介しています。

当院の感染予防に対する取り組み

・ゴム手袋、エプロン、紙コップなどをディスポーザブル(使い捨て)
・超音波洗浄器による治療器具の洗浄
・クラスBの滅菌器で治療器具の滅菌
・オイル洗浄器によるハンドピースの洗浄
・滅菌処理後に治療器具を患者様ごとにパック
・治療中に顔にかけるタオルも患者様ごとに取り換え

感染予防の流れ

治療ごとの滅菌

STEP1 手荒い洗浄

治療で使用した器具は最初に手洗いで隅々まで洗浄します。

Step2 治療で使用した器具を超音波洗浄

専用の薬液の入った超音波洗浄器で洗浄します。こちらでは手洗いでは落としきれない治療器具の内部・細部まで確実にきれいにします。この処置により汚染された器具から血液や有機質的な汚れを除去することができます。

STEP3 ハンドピースのオイル洗浄

歯を削る機械(ハンドピース)を高圧オイルで洗浄しています。ハンドピースの精密な内部にまでしっかり高温の洗浄オイルがいきわたりますので、清潔な状態にすることが可能です。

STEP4 ハンドピースの滅菌

オイル洗浄をしたハンドピースをこちらの滅菌器で134℃の高温で滅菌処理をします。こうして治療ごとに使用した器材を滅菌することで、万全の状態で治療を提供することができます。

診療後の全体的な滅菌

Step5 世界最高峰の高圧滅菌による治療器具の滅菌

       

当院の滅菌は、世界最高基準のクラスB滅菌器LISAとモリタ社のエルクレーブを使用しています。LISAは、従来の歯科で使われていた滅菌器よりさらに高性能で、あらゆる種類の細菌を安全に滅菌することができる滅菌器です。器内を真空状態にし、真空と蒸気の注入サイクルを繰り返すことで蒸気を隅々まで行きわたらせ、確実に滅菌を行うことができます。
また、滅菌の際に蒸気として利用する水が、塩分や不純物が含まれていると目詰まりや機能の低下、器具を傷める原因となるため精製水でなければなりません。 そのため、当院では精製水供給システム「アイオニー」を導入し、安定した綺麗な水を作り出しています。

Step6 滅菌後に治療器具をパック

患者様ごとに使用する基本セットや器具類は、滅菌後パックにいれて保管して衛生状態を保ちます。そして治療のときに患者様の目の前で開封し、毎回しっかりと滅菌された清潔な器具を使います。

感染予防の器材などはこちらで紹介しています。