歯が痛い~虫歯・根管治療~

TOP > 歯が痛い~虫歯・根管治療~

歯の痛みは放置せずに早めに治療しましょう

歯の痛みは放置せずに早めに治療しましょう

「たかが虫歯」と侮ってはいけません。治療せずに放置しておくと最悪の場合、抜歯が必要になることもあるのです。「虫歯かな」と思ったらそのままにせず、早めに勝どき・月島の歯医者「ミモデンタルクリニック」にご来院ください。

虫歯を放置する危険性

虫歯を放置する危険性

「痛みが収まったから」と思って虫歯を放置していませんか? 虫歯を放置するのはとても危険。放置しておくと進行し、状況は日に日に悪くなります。虫歯をそのままにしておくと以下のようなことが起こるリスクがあります。

  • 痛みが強くなる
  • 治療費が高額になる
  • 通院回数が増える
  • 神経まで虫歯が達する

虫歯で困らないためには、痛みがないときでもケアを怠らないようにしましょう。

重度の虫歯は歯の根から治します

重度の虫歯は歯の根から治します

虫歯は歯の表面にあるエナメル質やその内側の象牙質を溶かし、やがて歯髄(歯の神経や血管)に到達します。歯髄まで虫歯菌が達すると耐えきれないほどの激しい痛みや炎症に見舞われ、放置しておくと抜歯が必要になることもあります。歯髄まで虫歯が達した歯を維持する治療法が「根管治療」です。

根管治療とは

根管治療とは、細菌に感染した歯質や神経を除去した後、消毒する治療法です。

根管治療が必要なケース

以下のような症状がでる場合、虫歯はだいぶ進行しています。すぐに歯科医院に通い根管治療を受けるようにしましょう。

  • 熱い物がしみる
  • 咬み合わせただけで痛む
  • 虫歯周辺の歯茎が腫れている
  • 何もしなくても痛む

虫歯と根管治療のアニメーション動画はこちらをご覧ください。

当院が導入するアメリカ式根管治療

当院では、ステンレス製の針を使う従来の根管治療だけでなく、ニッケルチタン製のやわらかい針を使用するアメリカ式の根管治療も行っています。

研究によって約9割の根管が湾曲していることが明らかになっています。しかし、湾曲している根管では硬い針がうまく入りません。無理に入れると根管の形が変わり、細菌が繁殖するスペースをつくってしまう恐れもあります。

当院では湾曲した根管にも精度の高い処置ができるよう、柔軟性のあるやわらかいニッケルチタン製の針を取り入れています。やわらかい故に折れやすく技術は必要ですが、確実な治療を実現します。患者様の歯の様子を拡大鏡により確認し、ステンレスかニッケルチタンかを決めています。

神経を抜いて歯が黒くなったときの解決方法

術前

術後

神経をとった歯は象牙質に栄養が行き渡らなくなるため除々に黒ずんできます。そのような、歯の内部に薬剤を入れ、白さを取り戻す処置が「ウォーキングブリーチ」です。神経をとった歯は、通常のホワイトニングでは白くなりにくいため、ホワイトニングの代わりとして利用する方も多くいらっしゃいます。

虫歯になる前に予防歯科で虫歯を防ぎましょう!