歯茎から出血する・口臭がする~歯周病~

TOP > 歯茎から出血する・口臭がする~歯周病~

その症状は歯周病の可能性があります

その症状は歯周病の可能性があります

「歯茎が腫れる」「歯みがきのとき、血が出る」などの症状はありませんか? もしかしたら歯周病かもしれません。歯周病は心臓病や肺炎などにもつながる恐れのある病気。そのまま放置せず、勝どき・月島の歯医者「ミモデンタルクリニック」にご来院ください。

全身に影響を与える歯周病

心臓病 肺炎

心臓病

歯周病菌が血管から侵入し血栓をつくることがあります。これにより、動脈硬化、心筋梗塞などの心臓病を引き起こされることがあります。

肺炎

細菌が唾液とともに器官に入ることで誤嚥性肺炎が起こることがあります。

糖尿病 早産・低体重児出産

糖尿病

糖尿病の方は歯周病になりやすく、歯周病の方は糖尿病が悪化しやすくなります。

早産・低体重児出産

歯周病菌が陣痛に似た筋肉収縮を引き起こすため、早産や低体重児出産が起こりやすくなります。

歯周病治療のアニメーション動画はこちらをご覧ください。

今すぐ歯周病リスクチェック

朝起きたとき、お口の中がネバネバしている はい    いいえ
歯と歯のすき間が広がってきた はい    いいえ
歯と歯の間に食べカスがはさまりやすくなった はい    いいえ
歯ぐきが下がり、歯が長くなったように見える はい    いいえ
歯みがきをすると血が出ることがある はい    いいえ
硬いものを咬むと血が出ることがある はい    いいえ
歯ぐきが赤紫色に腫れている はい    いいえ
歯ぐきがむずがゆい はい    いいえ
口臭が強くなった はい    いいえ
歯ぐきから膿が出る はい    いいえ
チェック数が0個の方 今のところ問題はありません。健康な状態を維持できるよう予防に励みましょう。
»予防方法はコチラ
チェック数が1~3個の方 軽度歯周炎にかかっている可能性があります。進行をストップさせるために、できるだけ早くご来院ください。
»治療方法はコチラ
チェック数が4~7個の方 中等度歯周炎にかかっている可能性があります。これ以上悪化させないために、すぐにご来院ください。
»治療方法はコチラ
チェック数が8個以上の方 重度歯周炎にかかっている可能性があります。歯を失ってしまわないよう、早急にご来院ください。
»治療方法はコチラ

歯周病の症状と治療法

歯肉炎・軽度歯周炎

歯肉炎・軽度歯周炎

歯茎に炎症が起き始めています。歯みがきの際に出血したり、冷たい物がしみたりしますが、普段の痛みはありません。歯周ポケットは少し深くなっています。

治療法

歯みがき指導

歯みがき指導
患者様のお口にあった歯みがきの仕方をお伝えします。

スケーリング

スケーリング
スケーラーという器具で歯と歯周ポケットの間の歯石を取り除きます。
中等度歯周炎

中等度歯周炎

歯周病の炎症が顎の骨まで達した状態です。歯茎の腫れや出血が目立ち始めます。

治療法

ルートプレーニング

ルートプレーニング
歯周ポケットの奥にある歯石やプラークをかき出します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術
局所麻酔を打った後、歯石や膿に感染した組織を除去します。
重度歯周炎

重度歯周炎

炎症が悪化し、顎の骨を溶かしている状態です。歯茎が膿んでいてひどい痛みを感じます。最悪の場合、歯が抜け落ちることもあります。

治療法

GTR

GTR
歯周病菌によって溶かされた顎の骨を再生させる方法。歯ぐきの内側に「メンブレン」という特殊な膜を入れてスペースを確保し、骨の再生を促します。

エムドゲイン法

エムドゲイン法
「エムドゲイン」という薬剤を骨が溶けた部分に注入して骨の再生を促します。

歯茎の黒ずみはピーリングで解決しましょう

術前

術後

健康な歯茎はきれいなピンク色。しかし、タバコのヤニや紫外線に接していると少しずつ黒ずんでいきます。しかも、一度ついてしまった色素は自然に戻ることはありません。そんな歯茎の黒ずみを落とすのが「ガムピーリング」です。専用の薬で歯茎の角質を落とし、きれいな色を実現させます。

PICK UP プラークコントロールが大切です

術前

歯周病を予防するためには、プラークを確実に除去するプラークコントロールが必要不可欠です。プラークコントロールができているか否かによって歯周病のなりやすさも変わってきます。ご自宅での歯みがきはもちろん、歯間ブラシやデンタルフロス、歯科医院での予防歯科などを利用し、プラークをなくすようにケアしていきましょう。

歯周病になる前に予防歯科を受けましょう!